/

ラグビー女子W杯、アジア代表は米国と同組 1次L組み合わせ

ラグビーの2021年女子ワールドカップ(W杯)ニュージーランド大会の1次リーグ組み合わせ抽選会が20日、オークランドで行われ、アジア代表は前回4強の米国、カナダ、欧州予選の勝者と同じB組となった。2大会連続出場を目指す日本は香港、カザフスタンと争うアジア予選が新型コロナウイルスの影響で延期されている。

大会は来年9月18日から10月16日まで行われる。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン