オリパラセレクト

フォローする

陸上女子400、佐々木が東京パラ内定 初代表

Tokyo2020
2019/11/8 10:01
保存
共有
印刷
その他

【ドバイ=共同】パラ陸上の世界選手権は7日、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイで開幕し、女子400メートル(視覚障害T13)決勝で22歳の佐々木真菜(東邦銀行)が58秒38で4位に入り、来年の東京パラリンピック代表に内定した。マラソンを除く陸上では日本代表第1号。佐々木はパラリンピック初代表となる。

女子400メートル(視覚障害)決勝 スタートする佐々木真菜。4位に入り東京パラリンピック代表に内定した(8日、ドバイ)=共同

女子400メートル(視覚障害)決勝 スタートする佐々木真菜。4位に入り東京パラリンピック代表に内定した(8日、ドバイ)=共同

各種目4位以内の選手の国・地域に出場枠が与えられ、日本パラ陸連の規定で枠を獲得した選手が代表に内定する。

男子1500メートル(視覚障害T11)は4分13秒07の日本新を出した和田伸也(長瀬産業)と唐沢剣也(群馬県社会福祉事業団)が予選を突破して8日の決勝に進出。同100メートル(車いすT54)は生馬知季(WORLD-AC)が準決勝、西勇輝(野村不動産パートナーズ)は予選で敗退した。

オリパラセレクトをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

電子版トップスポーツトップ

オリパラセレクト 一覧

フォローする
中国・青島から帰国し、取材に応じる原沢久喜(15日、成田空港)=共同共同

 東京五輪代表選考会の一つ、柔道のマスターズ大会に出場した日本代表が15日、中国の青島から成田空港に帰国し、男子100キロ超級で優勝した原沢久喜(百五銀行)は「レベルの高いトーナメントだった。今年の最 …続き (12/15)

男子フルーレ団体準々決勝 フランス選手からポイントを奪う松山恭助=右(15日、幕張メッセ)=共同共同

 フェンシング男子フルーレの高円宮杯ワールドカップ(W杯)最終日は15日、東京五輪テスト大会を兼ねて千葉市の幕張メッセで団体が行われ、松山恭助(JTB)西藤俊哉(長野ク)敷根崇裕、鈴村健太(ともに法大 …続き (12/15)

日本勢トップの2位に入った吉村大輝(15日、防府市陸上競技場)=共同共同

 防府読売マラソンは15日、山口県防府市体育館前―防府市陸上競技場のコースで行われ、マシュー・キプロティク(ケニア)が2時間10分47秒で初優勝。吉村大輝(旭化成)が26秒差で、日本勢トップの2位に入 …続き (12/15)

ハイライト・スポーツ

[PR]