/

レッドソックス監督「興味そそる」 菅野・有原など関心

【ロサンゼルス=共同】米大リーグは17日、オフ恒例の各球団の監督による取材対応がオンラインで行われ、一連のサイン盗み問題による解任を経て復帰したレッドソックスのコーラ監督が、メジャーとの交渉が可能となった日本選手に「海外の市場は興味をそそる。他球団と同様に気にしている」と関心を示した。

今オフはプロ野球巨人の菅野智之投手、日本ハムの有原航平投手と西川遥輝外野手がポスティングシステムを利用し、ロッテの沢村拓一投手は海外フリーエージェント権を行使しての移籍を目指している。コーラ監督は、これまでの実績は十分であるとした上で「とても才能があるし、すぐにでも試合に影響を与えられる」と評価した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン