/

サッカー男子が決勝へ、テニスダブルス男女で銅 夏季ユニバ

【ナポリ(イタリア)=共同】ユニバーシアード夏季大会第9日は11日、イタリアのナポリなどで行われ、サッカー男子の日本は準決勝で地元イタリアに3-3からPK戦の末、5-4で競り勝ち、決勝に進んだ。

地元イタリアを破り、決勝進出を喜ぶサッカー男子日本の選手たち(11日、サレルノ)=共同

テニスのダブルスは、男子の伊藤雄哉(米テキサス大)島袋将(早大)組、女子の森崎可南子(橋本総業ホールディングス)佐藤南帆(慶大)組がともに準決勝で敗れ、銅だった。

陸上は男子200メートル決勝で山下潤(筑波大)が20秒58で4位、同400メートル障害決勝で豊田将樹(法大)が49秒27で4位だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン