/

錦織、最下位で敗退 ATPファイナル

ドミニク・ティエムに敗れ、引き揚げる錦織圭(15日、ロンドン)=共同

【ロンドン=共同】男子テニスの年間成績上位8人によるツアー今季最終戦、日東電工ATPファイナル第5日は15日、ロンドンで行われ、シングルスの1次リーグB組最終戦で世界ランキング9位の錦織圭(日清食品)は同8位のドミニク・ティエム(オーストリア)に1-6、4-6で敗れ、1勝2敗で同組最下位となり敗退した。

錦織は第1セットからミスが重なり、リードを許した。第2セットも流れを変えられず、2年ぶり3度目の準決勝進出はならなかった。

B組のもう1試合は世界3位のロジャー・フェデラー(スイス)が同6位のケビン・アンダーソン(南アフリカ)を6-4、6-3で下し、2勝1敗の同組1位で準決勝に進んだ。先に4強入りを決めていたアンダーソンは2勝1敗で2位。準決勝は17日に行われる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン