/

ダルビッシュ「本当に幸せなこと」 パドレス移籍で会見

【ロサンゼルス=共同】米大リーグ、カブスから大型トレードでパドレスに移籍したダルビッシュ有投手が12月31日、オンラインで記者会見に臨み「今、最高のチームの一つだと思う。すごいチームに入れるのは本当に幸せなこと」と、自身メジャー4球団目でプレーする心境を語った。

米大リーグ、パドレスに移籍しオンラインで記者会見するダルビッシュ有投手(2020年12月31日)=共同

2018年から所属したカブスでは当初不振だったが、20年にサイ・ヤング賞(最優秀投手賞)投票で2位に入るまでに復調した。シカゴの地元記者とのやりとりでは感極まって涙ぐむ場面もあり「本当に周りに助けられた3年だったので、そういう意味で泣いちゃう」と感慨を込めた。

パドレスは20年にナ・リーグ西地区2位で、14年ぶりにプレーオフに進出。今オフはレイズから18年のサイ・ヤング賞左腕のスネルも獲得し、先発陣を強化しており「自分に落とし込めるものが多いと思うので、楽しみにしている」と述べた。

背番号は新天地でも11で変わらない見込み。21年は米球界10年目で「パドレスでは1年目だが、10年くらいいるつもりでキャンプに行きたい」と言い切った。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン