/

日本、敗れて8強入り消滅 世界ハンド2次リーグ

ハンドボール男子の世界選手権は21日、カイロで2次リーグが行われ、1次リーグを24年ぶりに突破して2組に入った日本(C組3位)はアルゼンチン(D組2位)に24-28で敗れて8強入りの可能性が消滅した。

6チームずつ4組に分かれた2次リーグは2位までが準々決勝進出。1次リーグで同組だった相手とは対戦せずに結果を持ち越す。日本は通算1分け2敗となった。

13-17で折り返した日本は後半も差を詰められず、主将の土井(大崎電気)は「相手の守りを崩すことが最後までできなかった」と話した。

2次リーグでは東京五輪に出場する3カ国と対戦。23日に前回大会王者デンマーク、25日はバーレーンと当たる。〔共同〕

Tokyo Olympic and Paralympic 特設サイトはこちら

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン