/

大リーグ挑戦希望の有原・菅野、公式サイトが紹介

【ニューヨーク=共同】米大リーグの公式サイトは26日までに、プロ野球からポスティングシステムを利用してメジャー移籍を目指す日本ハムの有原航平、巨人が同じ制度で大リーグ挑戦を容認する意向を示している菅野智之の両投手を取り上げた。

有原は申請手続きを終え、日本時間12月27日までが交渉期限となる。同サイトは分析会社の情報を引用する形で「90マイル台前半(145~151キロ)のフォーシームとツーシームを投げる。最も三振が取れるのはスプリット」と紹介。右打者にはスライダー、左打者にはカットボール、チェンジアップ、カーブを織り交ぜることにも触れた。

近いうちに球団と話し合いを持つ菅野を、同サイトは「過去8年で最も有能な投手の一人」と高く評価する。2017年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)準決勝では米国の強力打線を相手に6回を1失点と好投。当時米国を指揮したリーランド監督の「彼はメジャー級の投手。感心した」との談話を掲載し、何年も準備してきた多くの球団の興味を引くとの見方を示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン