サッカー

岡崎が今季10点目、南野は終盤に出場 海外サッカー

2020/7/3 11:21
保存
共有
印刷
その他

【ベルリン=共同】サッカーの海外各リーグは2日、各地で行われ、ドイツ1、2部入れ替え戦で大迫勇也のブレーメン(1部16位)はハイデンハイム(2部3位)と0-0で引き分けた。先発した大迫は後半39分までプレーし、無得点だった。

スペイン2部でウエスカの岡崎慎司はラスパルマス戦で前半終了間際に決勝点を挙げた。今季10点目。岡崎は後半23分までプレーし、チームは1-0で勝った。同1部でエイバルの乾貴士は0-2で敗れたオサスナ戦で後半28分から出場した。

イングランド・プレミアリーグでリバプールの南野拓実は0-4で敗れたマンチェスター・シティー戦で後半40分からプレーした。

保存
共有
印刷
その他

サッカーのコラム

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

 Jリーグは12日、エディオンスタジアム広島で同日に開催予定だったYBCルヴァン・カップの広島―鳥栖を中止した。鳥栖は金明輝監督(39)の新型コロナウイルス感染を受けて11日に選手ら89人にPCR検査 …続き (17:31)

 アジア・サッカー連盟(AFC)は12日、各国の新型コロナウイルス感染状況を考慮し、10、11月に開催を予定していたワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選を来年に延期すると発表した。日本にと …続き (16:31)

 【ベルリン=共同】サッカーの欧州リーグは11日、ドイツ各地で準々決勝2試合が行われ、セビリア(スペイン)とシャフタル・ドネツク(ウクライナ)が勝ち上がり、ベスト4が出そろった。
 セビリアは1―0でウ …続き (8:01)

ハイライト・スポーツ

[PR]