/

バイエルン、7大会ぶり2度目V クラブW杯

【ベルリン=共同】サッカーのクラブワールドカップ(W杯)は11日、カタールのアルラヤンで決勝が行われ、欧州王者のバイエルン・ミュンヘン(ドイツ)が1-0で北中米カリブ海代表のティグレス(メキシコ)を下し、7大会ぶり2度目の優勝を果たした。後半14分にDFパバールが決勝点を挙げた。欧州勢の制覇は8大会連続。BミュンヘンのエースFWレバンドフスキが大会最優秀選手に選ばれた。

3位決定戦はアフリカ代表のアルアハリ(エジプト)が南米王者のパルメイラス(ブラジル)と対戦し、90分を終えて0-0のまま突入したPK戦を3-2で制した。

現行方式のまま行われる次回大会は、ことし12月に日本で開催予定。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン