/

神戸が4強、水原とのPK戦制す サッカーACL

サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は10日、カタールのアルワクラで準々決勝が行われ、日本勢で唯一勝ち残った初出場の神戸は水原(韓国)と対戦し、1-1からのPK戦を7-6で制して4強入りした。13日に行われる準決勝では蔚山(韓国)と顔を合わせる。

PK戦で水原を破り、準決勝進出を喜ぶ神戸・イニエスタ(中央)ら(10日、カタール・アルワクラ)=ロイター

神戸はイニエスタがベンチスタート。前半7分に先制を許したが、水原に1人退場者が出た後の同40分に、FKを古橋が直接決めて1-1とした。その後はともに追加点を奪えず、延長も無得点だった。PK戦は両チームとも6人が成功、7人目に先蹴りの水原が失敗し、神戸が決めて決着した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン