/

フィギュア羽生「4回転半頑張る」 横浜のアイスショー出演

フィギュアスケートのアイスショー「スターズ・オン・アイス」が22日、横浜アリーナで催され、男子の羽生結弦(ANA)は公演後に「一からつくり直して(前人未到の)4回転半をちゃんと羽生結弦のジャンプだと思ってもらえるようなジャンプにして、来季へ向けて頑張りたい」と思いを語った。

羽生は2016~17年シーズンのショートプログラム(SP)のロック曲「レッツ・ゴー・クレイジー」を滑り「(21日が命日の)プリンスさんの歌声とともに気持ちよく、皆さんに感謝しながら滑った」と話した。

宇野昌磨(トヨタ自動車)は来季の北京冬季五輪シーズンで用いるフリーの「ボレロ」を演じ、3月の世界選手権で初出場ながら2位と大健闘した鍵山優真(神奈川・星槎国際高横浜)らも出演した。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン