/

競泳の池江5冠、入江は4連覇逃す アジア大会

女子400メートルメドレーリレーで優勝し、表彰台で喜ぶ(左から)酒井、鈴木、池江、青木智(23日、ジャカルタ)=共同

ジャカルタ・アジア大会第6日(23日)競泳の女子400メートルメドレーリレーで日本が勝ち、今大会5冠となった第3泳者の池江璃花子(ルネサンス)は日本勢の1大会最多金メダルで1970年バンコク大会と74年テヘラン大会の競泳女子の西側よしみと並んだ。

女子平泳ぎの鈴木聡美(ミキハウス)が50メートルを2連覇し、100メートルとの2種目を制した。男子100メートル自由形の塩浦慎理(イトマン東進)はこの種目で日本勢5大会ぶりの優勝を果たした。同200メートル背泳ぎの入江陵介(イトマン東進)は2位で、競泳個人種目の単独最多となる4連覇を逃した。

フェンシング女子フルーレ団体は日本(東、宮脇、菊池、辻)が初優勝。ボウリング男子トリオ戦で前回優勝と同じ布陣で臨んだ日本A(佐々木、和田、安里)が再び制した。

体操種目別の男子つり輪で野々村笙吾(セントラルスポーツ)が銀メダル。ソフトボールの日本は準決勝で中国に5-0と快勝し、5大会連続優勝にあと1勝とした。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン