/

サッカー日本代表、貫禄の3-0 U24代表は五輪へ課題

サッカー日本代表は3日、札幌ドームで東京五輪世代のU-24(24歳以下)日本代表に3-0で勝って貫禄を示した。前半に橋本(ロストフ)らがゴールを奪い、後半に浅野(無所属)が加点。久保建(ヘタフェ)らが先発したU-24日本は五輪本番へ向けて課題を残した。オーバーエージ(OA)3人のうち遠藤(シュツットガルト)は後半途中から出場した。

日本―U24 前半、先制ゴールを決める日本代表の橋本(左端)。GK大迫(3日、札幌ドーム)=共同

新型コロナウイルス防疫対策上の不備で中止となったジャマイカとの国際親善試合の代替として開催され、無観客で行われた。日本の代表チーム同士の対戦は1980年12月の日本代表―日本代表シニア以来だった。

日本代表は7日、突破が決まったワールドカップ(W杯)アジア2次予選でタジキスタンと対戦。U-24日本は5日に国際親善試合でU-24ガーナ代表と顔を合わせる。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン