/

FWマルティノスらが抱負 J1仙台、新体制発表

J1仙台は21日、仙台市内で新体制を発表し、昨季まで浦和でプレーしたFWマルティノスは「東日本大震災から10年。被災した方々に何かを届けられるように頑張りたい」と抱負を述べた。

昨季チーム得点王のFW長沢が抜けたが、日本代表経験のあるFW皆川や、MF上原、秋山、気田ら即戦力を加えた。手倉森監督はボール保持に優れた選手や、ゴールに向かう推進力のある選手を軸に補強したと説明。「良いメンバーがそろった。躍動感があるサッカーをできる」と自信をにじませた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン