その他スポーツ

サニブラウン・桐生ら決勝へ 陸上日本選手権男子100

2019/6/27 20:40
保存
共有
印刷
その他

陸上の世界選手権(9~10月・ドーハ)代表選考会を兼ねた日本選手権第1日は27日、福岡市の博多の森陸上競技場で行われ、男子100メートルで9秒97の日本記録を持つサニブラウン・ハキーム(米フロリダ大)は準決勝2組で大会記録に並ぶ10秒05をマークして1着で28日の決勝に進んだ。

男子100メートル準決勝 10秒05の2組1着でゴールするサニブラウン・ハキーム=右(27日、博多の森陸上競技場)=共同

男子100メートル準決勝 10秒05の2組1着でゴールするサニブラウン・ハキーム=右(27日、博多の森陸上競技場)=共同

1組では小池祐貴(住友電工)が10秒09で1着、桐生祥秀(日本生命)が10秒22で2着となった。2組はケンブリッジ飛鳥(ナイキ)が2着、多田修平(住友電工)が3着で突破した。

男子の走り高跳びは日本記録保持者の戸辺直人(JAL)が2メートル27で4年ぶりに制し世界選手権代表に決定。4連覇を狙った衛藤昂(味の素AGF)は2メートル24で2位だった。5000メートルは松枝博輝(富士通)が13分41秒27で2年ぶりに制した。3000メートル障害予選で塩尻和也(富士通)が世界選手権の参加標準記録を破る8分27秒25をマークした。

女子100メートルは土井杏南(JAL)三浦由奈(宮城・柴田高)御家瀬緑(北海道・恵庭北高)らが28日の決勝に進んだ。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

春季リーグ戦の延期を発表する関西学生野球連盟の村山嘉男理事長(3日、大阪市)=共同

 関西学生野球連盟は3日、大阪市内で臨時常任理事会を開き、新型コロナウイルスの影響により、6日に予定していた春季リーグ戦の開幕を8月9日に延期することを決め、発表した。

 従来の2戦先勝方式の勝ち点制か …続き (3日 20:42)

 バスケットボール男子Bリーグの三河は3日、2001年から在籍し、チーム名から「ミスターシーホース」の愛称で親しまれた桜木ジェイアール(43)が現役を引退すると発表した。今後は女子WリーグのアイシンA …続き (3日 19:03)

1964年東京パラリンピックの開会式次第に描かれたロゴ(英国ストーク・マンデビルのナショナル・パラリンピック・ヘリテージ・センター展示)


 パラリンピックを生んだ英国ストーク・マンデビル病院に併設するスタジアムには聖火台がある。1984年、米国で開く予定だったパラリンピックが、財政難で車いす競技だけここで分離開催となった時のものだ。金属 …続き (3日 18:14)

ハイライト・スポーツ

[PR]