/

サニブラウン・桐生ら決勝へ 陸上日本選手権男子100

陸上の世界選手権(9~10月・ドーハ)代表選考会を兼ねた日本選手権第1日は27日、福岡市の博多の森陸上競技場で行われ、男子100メートルで9秒97の日本記録を持つサニブラウン・ハキーム(米フロリダ大)は準決勝2組で大会記録に並ぶ10秒05をマークして1着で28日の決勝に進んだ。

男子100メートル準決勝 10秒05の2組1着でゴールするサニブラウン・ハキーム=右(27日、博多の森陸上競技場)=共同

1組では小池祐貴(住友電工)が10秒09で1着、桐生祥秀(日本生命)が10秒22で2着となった。2組はケンブリッジ飛鳥(ナイキ)が2着、多田修平(住友電工)が3着で突破した。

男子の走り高跳びは日本記録保持者の戸辺直人(JAL)が2メートル27で4年ぶりに制し世界選手権代表に決定。4連覇を狙った衛藤昂(味の素AGF)は2メートル24で2位だった。5000メートルは松枝博輝(富士通)が13分41秒27で2年ぶりに制した。3000メートル障害予選で塩尻和也(富士通)が世界選手権の参加標準記録を破る8分27秒25をマークした。

女子100メートルは土井杏南(JAL)三浦由奈(宮城・柴田高)御家瀬緑(北海道・恵庭北高)らが28日の決勝に進んだ。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン