/

ラグビー7人制、五輪会場で運営テスト 男女代表候補も参加

ラグビー7人制の東京五輪運営テストが22日、本番会場の東京・味の素スタジアムで行われ、男女の日本代表候補選手も協力して競技運営の流れなどを確認した。選手はドバイで行われた国際大会から帰国後の新型コロナウイルスによる待機期間中で参加し、本番で来日する海外選手を想定した動線もチェックした。

ラグビー7人制の五輪運営テストで、試合前にケースに入れ預けられたマスクを手に引き揚げる選手たち(22日、東京・味の素スタジアム)=共同

グラウンドでは本格的に体をぶつけることはなかったが、代表ジャージーを着用してゲーム形式で対戦。国歌斉唱や場内アナウンスも実施された。選手にも貴重な機会となり、女子の中村知春(ナナイロプリズム福岡)は「五輪が具体的にイメージできた」とコメントした。

東京五輪・パラリンピック延期で中断していたテスト大会は4月に再開。五輪競技はラグビー7人制が再開後初となる。7人制は1会場で1日に多くの試合を行うため、大会組織委員会の森泰夫大会運営局次長は「動線計画がポイントになる」と話した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン