/

日本は1次リーグ敗退、五輪逃す カーリング混合ダブルス

フィンランド戦でプレーする小笠原(手前)と阿部(27日、レスブリッジ)=共同

【レスブリッジ(カナダ)=共同】来年の平昌冬季五輪出場枠を懸けたカーリング混合ダブルスの世界選手権第6日は27日、カナダのレスブリッジで行われ、小笠原歩と阿部晋也の日本は1次リーグA組最終戦でフィンランドに4-6で競り負け、敗退した。日本の五輪出場枠獲得は16強によるプレーオフ(PO)進出が最低条件だったため、五輪への道が途絶えた。

日本は3勝4敗でPO自動進出の3位以内に入れず、各試合前に先攻後攻を決めるショットから算出するドローショットチャレンジ(DSC)によりA組4位に。だがD組4位のイングランドにDSCで劣り、PO進出最後の1枠を逃した。

日本は男子でSC軽井沢クの五輪出場が決定。女子も出場枠を獲得し、LS北見と中部電力が9月に代表決定戦を戦う。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン