/

東海大ラグビー部、5人感染で活動停止 最終戦は対応検討

東海大は26日、ラグビー部に所属する学生、教職員の5人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。24日に確認され、5人は軽症もしくは無症状という。部活動は当面停止し、部員らには外出禁止措置を講じた。濃厚接触の疑いがある学生らにはPCR検査を実施している。

東海大は、関東大学リーグ戦で開幕から6連勝して首位に立つ。12月5日には東京・秩父宮ラグビー場で最終戦となる日大戦が予定されており、関東協会が今後の対応を検討する。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン