/

競泳五輪代表3人そろってV、池江は大会新 高校総体

全国高校総体(インターハイ)第22日は18日、広島市総合屋内プールなどで水泳が行われ、競泳のリオデジャネイロ五輪女子代表勢は50メートル自由形を1年の池江璃花子(東京・淑徳巣鴨)が25秒19の大会新で制したほか、200メートルバタフライは長谷川涼香(東京・淑徳巣鴨)が2分7秒31で優勝。200メートル自由形では持田早智(千葉商大付)が2分1秒25で2連覇を果たした。

男子200メートルバタフライは日本選手権3位の幌村尚(兵庫・西脇工)が1分56秒15で勝ち、女子100メートル背泳ぎは昨年2位で2年の白井璃緒(兵庫・宝塚東)が1分1秒40で頂点に立った。

男子板飛び込みは中秀太郎(石川・小松市立)が614.25点で優勝した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン