/

瀬戸が金で五輪内定 世界水泳、渡辺は200平で決勝進出

【光州(韓国)=共同】水泳の世界選手権第14日は25日、韓国の光州で行われ、競泳男子200メートル個人メドレーで、瀬戸大也(ANA)が1分56秒14で金メダルを獲得し、競泳の日本勢で最初の東京五輪代表に決まった。

男子200メートル個人メドレーで金メダルを獲得し、日の丸を掲げる瀬戸大也。東京五輪の代表に決まった(25日、光州)=共同

日本勢がこの種目を制したのは、五輪と世界選手権を通じて初めて。瀬戸にとって世界選手権の金メダルは2013、15年の400メートル個人メドレーに続いて3個目で、北島康介とともに日本最多で並んだ。今大会では200メートルバタフライの銀に続く2つ目のメダル。

女子800メートルリレーは午前の予選で東京五輪出場枠を獲得した日本が7分56秒31で8位、オーストラリアが7分41秒50の世界新記録で制した。

準決勝では200メートル平泳ぎの男子で渡辺一平(トヨタ自動車)が2分8秒04の全体6位で26日の決勝へ進み、マシュー・ウィルソン(オーストラリア)が渡辺の世界記録に並ぶ2分6秒67をマークした。小日向一輝(セントラルスポーツ)は9位で落選。女子の青木玲緒樹(ミズノ)は15位で敗退した。男子200メートル背泳ぎの入江陵介(イトマン東進)は1分57秒26の8位で決勝進出。

水球男子の日本は南アフリカに15-5で勝ち、11位で大会を終えた。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン