2018年8月19日(日)

その他スポーツ

吉田・吉岡組が日本勢初V セーリング世界選手権
女子470級

2018/8/10 1:20
保存
共有
印刷
その他

セーリングの世界選手権女子470級で初優勝した吉田愛(左)、吉岡美帆組(9日、デンマーク・オーフス)=国際セーリング連盟提供・共同

セーリングの世界選手権女子470級で初優勝した吉田愛(左)、吉岡美帆組(9日、デンマーク・オーフス)=国際セーリング連盟提供・共同

 【ロンドン=共同】セーリングの世界選手権は9日、デンマークのオーフスで行われ、女子470級でリオデジャネイロ五輪5位の吉田愛、吉岡美帆組(ベネッセ)が上位10艇による最終レースを終え、優勝した。日本連盟によると、この種目の日本勢の優勝は五輪、世界選手権を通じて初めて。吉田、吉岡組は第7レースを終えて首位に立っていた。

 男子470級では、磯崎哲也(エス・ピー・ネットワーク)高柳彬(日本経済大)組が2位に入り、岡田奎樹(トヨタ自動車東日本)外薗潤平(JR九州)組は6位、土居一斗、木村直矢組(アビーム)は10位だった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

 ノルディックスキーの夏の国際大会、グランプリ(GP)ジャンプ女子は18日、チェコのフレンシュタートで個人第4戦(ヒルサイズ=HS106メートル)が行われ、高梨沙羅(クラレ)が98メートル、102.5 …続き (9:59)

W杯ボルダリング女子総合優勝し、表彰式で笑顔を見せる野中生萌(中央)と同2位の野口啓代(左)。右は同3位のファニー・ジベール(18日、ミュンヘン)=共同

 【ミュンヘン=共同】スポーツクライミングのワールドカップ(W杯)ボルダリング最終戦となる第7戦は18日、ミュンヘンで準決勝と決勝が行われ、女子は2位に入った21歳の野中生萌(TEAM au)が初の年 …続き (8:11)

公式練習で調整する池江=共同

 19日から競技が始まる競泳陣が18日、本番会場で練習を行った。女子のエース、池江璃花子(ルネサンス)は「すごい気持ちが入っている。楽しみながらレースに集中したい」と抱負を述べた。
 ジャカルタでの練習 …続き (0:22)

ハイライト・スポーツ

[PR]