2018年6月18日(月)
スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

鶴竜出場へ、白鵬は9日に判断 3横綱全員休場は回避

2018/3/9 1:29
保存
共有
印刷
その他

 大相撲の東横綱鶴竜関(32)=本名マンガラジャラブ・アナンダ、モンゴル出身、井筒部屋=が春場所(11日初日・エディオンアリーナ大阪)の出場を決断したことが8日、日本相撲協会関係者の話で分かった。右手の指を痛めており、出場が危ぶまれていた。

 両足親指に負傷を抱える西横綱白鵬関(32)=本名ムンフバト・ダバジャルガル、モンゴル出身、宮城野部屋=は、取組編成会議の行われる9日朝に出場可否の判断を下すことが決まった。8日には東横綱稀勢の里関(31)=本名萩原寛、茨城県出身、田子ノ浦部屋=の休場が決定。鶴竜関の出場決断により、3横綱時代の3人全員が初日から休場する昭和以降初の事態は回避された。

 白鵬関は大阪市内で行われた宮城野部屋の激励会後に「1日考え、親方(師匠の宮城野親方=元幕内竹葉山)に報告する。明日(9日)親方が(報道陣に)報告します」と話した。大阪市東成区の時津風部屋に出稽古した鶴竜関は、右手の指について「8割ぐらいにはなっている。もうちょっとぐっと握れる感じがほしい」と話していた。

 6場所連続休場となる稀勢の里関の師匠の田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)は古傷の左胸のけがを休場の理由に挙げた。次に出場する場所に進退を懸けることを明言している稀勢の里関は、大阪市港区の田子ノ浦部屋での稽古に姿を現さなかった。

 元横綱日馬富士関による傷害事件の被害者、西十両12枚目の貴ノ岩関(28)=本名アディヤ・バーサンドルジ、モンゴル出身、貴乃花部屋=の出場可否について、師匠の貴乃花親方(元横綱)は明言しなかった。貴ノ岩関は京都府宇治市の貴乃花部屋で申し合いなどの稽古を行った。

 初場所で初優勝した西関脇栃ノ心関(30)=本名レバニ・ゴルガゼ、ジョージア出身、春日野部屋=は出場を明言。6日に左脚を痛めていた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

高安(右)と稽古する稀勢の里(15日、徳島市の徳島文理大)=共同

 大相撲の田子ノ浦部屋が15日、合宿を行っている徳島市の徳島文理大で稽古を公開し、左大胸筋などのけがで7場所連続休場中の横綱稀勢の里は大関高安と11番を取り、9勝2敗だった。稀勢の里が本格的に相撲を取 …続き (15日 16:18)

名古屋場所に向け稽古を再開した栃ノ心(13日、東京都墨田区の春日野部屋)=共同

 大相撲の新大関栃ノ心が13日、東京都墨田区の春日野部屋で稽古を再開し、名古屋場所(7月8日初日・ドルフィンズアリーナ)へ向けて始動した。「やらないといけない。とりあえず、目標は2桁勝利」と表情を引き …続き (13日 18:15)

ジョージアから再来日した新大関栃ノ心(12日、成田空港)=共同

 大相撲の新大関栃ノ心が12日、母国ジョージアから成田空港に再来日した。同国初の大関誕生とあって、故郷では空港や街中などで熱烈な歓迎を受け「うれしかった。すごく盛り上がっていた」と、1年ぶりの里帰りを …続き (12日 23:06)

ハイライト・スポーツ

サッカーワールドカップ2018

[PR]