2018年12月19日(水)
スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

鶴竜出場へ、白鵬は9日に判断 3横綱全員休場は回避

2018/3/9 1:29
保存
共有
印刷
その他

大相撲の東横綱鶴竜関(32)=本名マンガラジャラブ・アナンダ、モンゴル出身、井筒部屋=が春場所(11日初日・エディオンアリーナ大阪)の出場を決断したことが8日、日本相撲協会関係者の話で分かった。右手の指を痛めており、出場が危ぶまれていた。

両足親指に負傷を抱える西横綱白鵬関(32)=本名ムンフバト・ダバジャルガル、モンゴル出身、宮城野部屋=は、取組編成会議の行われる9日朝に出場可否の判断を下すことが決まった。8日には東横綱稀勢の里関(31)=本名萩原寛、茨城県出身、田子ノ浦部屋=の休場が決定。鶴竜関の出場決断により、3横綱時代の3人全員が初日から休場する昭和以降初の事態は回避された。

白鵬関は大阪市内で行われた宮城野部屋の激励会後に「1日考え、親方(師匠の宮城野親方=元幕内竹葉山)に報告する。明日(9日)親方が(報道陣に)報告します」と話した。大阪市東成区の時津風部屋に出稽古した鶴竜関は、右手の指について「8割ぐらいにはなっている。もうちょっとぐっと握れる感じがほしい」と話していた。

6場所連続休場となる稀勢の里関の師匠の田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)は古傷の左胸のけがを休場の理由に挙げた。次に出場する場所に進退を懸けることを明言している稀勢の里関は、大阪市港区の田子ノ浦部屋での稽古に姿を現さなかった。

元横綱日馬富士関による傷害事件の被害者、西十両12枚目の貴ノ岩関(28)=本名アディヤ・バーサンドルジ、モンゴル出身、貴乃花部屋=の出場可否について、師匠の貴乃花親方(元横綱)は明言しなかった。貴ノ岩関は京都府宇治市の貴乃花部屋で申し合いなどの稽古を行った。

初場所で初優勝した西関脇栃ノ心関(30)=本名レバニ・ゴルガゼ、ジョージア出身、春日野部屋=は出場を明言。6日に左脚を痛めていた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

九州場所を途中休場し、進退問題が再浮上した稀勢の里

 右膝負傷で11月の大相撲九州場所を途中休場し、進退問題が再浮上した横綱稀勢の里が冬巡業を全休することが18日、決まった。治療とリハビリを優先させるためで、師匠の田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)が明言した …続き (18日 19:11)

 11月の大相撲九州場所で右上腕を痛めて途中休場した大関豪栄道が14日、休場中の冬巡業には20日(埼玉県熊谷市)から合流すると明言した。巡業は20日から関東地方を回り、22日で終了する。
 豪栄道は約1 …続き (14日 16:29)

逸ノ城に寄り切りで敗れた稀勢の里(右、1月)

 2018年の土俵は荒れた。白鵬(33)、鶴竜(33)、稀勢の里(32)の3横綱は休場が相次ぎ、そろって15日間を全うしたのは9月の秋場所のみ。横綱・大関以外の優勝力士は、00年(関脇武双山、平幕貴闘 …続き (14日 0:29)

ハイライト・スポーツ

[PR]