2019年9月22日(日)
スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

世界柔道、安昌林が首負傷で欠場へ 18年王者

2019/8/2 11:27
保存
共有
印刷
その他

昨年の柔道世界選手権男子73キロ級で初優勝した在日3世で韓国代表の安昌林(25)が首の負傷により、8月25日開幕の世界選手権(日本武道館)を欠場することが1日、関係者の話で分かった。7月上旬に頸椎のヘルニアを発症。来年の東京五輪を最優先に考え、欠場を決めたという。

京都市出身の安昌林は神奈川・桐蔭学園高、筑波大で活躍。韓国代表を目指して大学を2年で中退し、日本を離れた。背負い投げを得意とし、今年の世界選手権では2016年リオデジャネイロ五輪王者の大野将平(旭化成)の最大のライバルとみられていた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

格闘技 一覧

男子フリー74キロ級3位決定戦 米国選手(左)に攻められる奥井真生(21日、ヌルスルタン)=共同

 【ヌルスルタン(カザフスタン)=共同】レスリングの東京五輪予選を兼ねた世界選手権第8日は21日、カザフスタンのヌルスルタンで男子フリースタイルが行われ、五輪実施階級で74キロ級の奥井真生(自衛隊)は …続き (21日 22:28)

 柔道のグランプリ大会第1日は20日、タシケントで行われ、1992年バルセロナ五輪覇者の古賀稔彦氏の次男で男子60キロ級の古賀玄暉(日体大)と、男子66キロ級の相田勇司(国学院大)は、ともに決勝でロシ …続き (21日 1:49)

女子68キロ級3位決定戦でドイツ選手に敗れ、引き揚げる土性沙羅(20日、ヌルスルタン)=共同

 【ヌルスルタン(カザフスタン)=共同】レスリングの東京五輪予選を兼ねた世界選手権第7日は20日、カザフスタンのヌルスルタンで行われ、女子62キロ級で川井友香子(至学館大)が3位決定戦を勝って銅メダル …続き (20日 23:38)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。