サッカー

独、リーグ再開へウイルス検査開始 1・2部全選手に

2020/4/30 22:39
保存
共有
印刷
その他

【ベルリン=共同】新型コロナウイルスの感染拡大で中断しているサッカーのドイツ・リーグで30日、シーズンの再開に備え、選手のウイルス検査が始まったとDPA通信が報じた。

検査実施はリーグ側が策定した無観客試合によるシーズン再開のための手順の一つで、1部と2部の全選手が対象。リーグは5月の再開の準備を整え、政府や各州による認可を待っている。

欧州ではオランダがリーグ再開を断念し、フランスも打ち切る方針を発表している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

 Jリーグの村井満チェアマンは7日、実行委員会後にオンラインで記者会見し、審判員のPCR検査を4日から始めたことを明らかにした。選手同様に全審判員も公式戦再開前の検査対象としていたが、プロではなく他の …続き (17:53)

 【ベルリン=共同】サッカーの海外各リーグは6日、各地で行われ、ドイツ1、2部入れ替え戦の第2戦でブレーメン(1部16位)の大迫勇也はハイデンハイム(2部3位)戦に先発し、後半23分までプレーして無得 …続き (10:43)

ハイデンハイム戦の後半、競り合うブレーメンの大迫=右(6日、ハイデンハイム)=共同

 【ベルリン=共同】サッカーのドイツ1、2部入れ替え戦は6日、第2戦が行われ、大迫勇也のブレーメン(1部16位)が敵地でハイデンハイム(2部3位)と2―2で引き分け、1部残留を決めた。2戦合計2―2で …続き (8:22)

ハイライト・スポーツ

[PR]