/

中日・平田、現状維持で更改 高橋は2000万円増の8000万円

中日の平田良介外野手が26日、ナゴヤ球場で契約交渉し、現状維持の1億8千万円で更改した。今季は打撃不振や右肘痛などの影響でわずか55試合の出場にとどまり打率2割3分5厘、3本塁打、17打点。悔しい結果に「流れに乗れなかったシーズン。けがを減らしていきたい」と反省した。球団とは年俸変動制の複数年契約を結んでいる。

リーグ6位の打率3割5厘をマークした主将の高橋周平内野手は、2千万円増の8千万円でサイン。「8年ぶりにAクラスに入ったので、やっぱり活躍したときに上げてもらわないと、という話をした。もう少し本塁打を打てるようにして、優勝を目指したい」と語った。(金額は推定)〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン