/

宇野が男子SP5位、首位はチェン 世界フィギュア

男子SP 演技する宇野昌磨(22日、ミラノ)=共同

【ミラノ=共同】フィギュアスケートの世界選手権第2日は22日、ミラノで行われ、男子ショートプログラム(SP)で平昌冬季五輪銀メダルの宇野昌磨(トヨタ自動車)は94.26点で5位につけた。ネーサン・チェン(米国)が101.94点でトップに立った。

ミハイル・コリャダ(ロシア)が100.08点で2位、ビンセント・ゾウ(米国)が96.78点で3位、金博洋(中国)が95.85点で4位。初出場の友野一希(同大)は82.61点で11位、平昌五輪代表の田中刑事(倉敷芸術科学大大学院)は80.17点で14位と出遅れた。

さいたま市で行われる来年の世界選手権の出場枠が懸かる重要な一戦。五輪2連覇の羽生結弦(ANA)は右足首の治療のため出場していない。フリーは24日に行われる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン