2018年2月24日(土)
スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

相撲協会、全協会員の聞き取り実施へ 再発防止委

2018/2/8 20:23
保存
共有
印刷
その他

 元横綱日馬富士関による貴ノ岩関への暴行問題などを受けて設置された日本相撲協会の再発防止検討委員会は8日、東京都墨田区の両国国技館で第1回会合を開き、実態把握に向け、親方や現役力士ら約900人の全協会員から聞き取り調査を実施する方針を発表した。10月末をめどに最終報告書をまとめる予定。

 但木敬一委員長(元検事総長)は記者会見で「大相撲の永続性が私たちの目的だ」と述べ、各部屋の朝稽古視察なども行う案を明言。行司や呼び出しらのほか、親方夫人からも話を聞くという。既に相撲協会を離れた元力士らに対し、過去の事案の申告を受け付けるために「目安箱」を設ける意向を示した。

 大相撲の歴史や国際化についても意見交換をしていく方向。但木委員長は「次の時代の相撲がどうあるべきか。幅広い観点から考えていきたい」と抱負を語った。

 再発防止検討委は協会の第三者機関として1日に発足。元日馬富士関の問題も検証していく。委員は他に宇津木妙子氏(ソフトボール元女子日本代表監督)近石康宏氏(全日本柔道連盟副会長)中田●(たまへんに秀)士氏(剣道範士8段)の3人。9日に第2回会合を開く。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

大相撲のコラム

相撲 一覧

現役続行を明言した豪風(19日、東京都江東区の高田川部屋)=共同

 大相撲春場所(3月11日初日・エディオンアリーナ大阪)で十両転落が濃厚な38歳の幕内豪風が19日、現役続行を明言した。「心が動きだした。また頑張るということはできても、また現役復帰というのはできない …続き (19日 18:10)

部屋開きを終え、看板の前でポーズをとる東関親方と真充夫人(18日、東京都葛飾区)=共同

 東京都墨田区から葛飾区に移転した大相撲の東関部屋の部屋開きが18日に行われ、同じ高砂一門の八角理事長(元横綱北勝海)らが出席した。土俵祭り後には幕内北勝富士ら一門の関取衆も参加した稽古で新たな門出を …続き (18日 18:34)

春日野親方(右)から優勝トロフィーを受け取る栃ノ心(11日、両国国技館)=共同

 大相撲のトーナメント大会は11日、東京・両国国技館で行われ、1月の初場所で6年ぶりの平幕優勝を遂げたジョージア出身の栃ノ心が初制覇した。決勝で関脇玉鷲を力強く寄り切り、賞金250万円などを獲得した。 …続き (11日 19:05)

ハイライト・スポーツ

平昌五輪特設ページ

[PR]