/

全米OPゴルフ、松山英樹がスタート

【ニューヨーク=共同】男子ゴルフのメジャー第2戦、全米オープン選手権は17日、ニューヨーク州ママロネックのウイングドフットGC(パー70)で開幕し、8年連続出場で日本男子初のメジャー制覇を目指す松山英樹は1番からスタートした。

メジャー通算15勝のタイガー・ウッズ(米国)、5年ぶり出場の石川遼も1番から競技を開始。

日本ツアー賞金王の今平周吾、アマチュア世界ランキング1位の金谷拓実(東北福祉大)も出場する。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン