/

大関貴景勝、名古屋場所全休 関脇転落へ

右膝に不安を抱えて動向が注目された東大関貴景勝(22)=本名佐藤貴信、兵庫県出身、千賀ノ浦部屋=が4日、初のかど番となる名古屋場所(7日初日・ドルフィンズアリーナ)を全休することを明言した。9月の秋場所は関脇に転落することが事実上、決まった。

名古屋場所の休場が決まった大関貴景勝(4日、名古屋市の千賀ノ浦部屋宿舎)=共同

名古屋市北区の千賀ノ浦部屋で師匠の千賀ノ浦親方(元小結隆三杉)と出場の可否について協議。同親方は休場を勧めたのに対し、貴景勝は当初、出場を強く望んだが最終的には説得を受け入れた。「師匠と相談し、将来の自分を考えた時に万全に治すほうが正しいと思うという話をいただき、判断した」と決断の理由を語った。

大関昇進2場所での降下は現行制度となった1969年名古屋場所以降では、2000年名古屋場所の武双山(1場所で大関復帰)以来2人目。9月の秋場所で10勝すれば大関に復帰できる。「もっと力強くなって挑むしかない。体をつくり直し、地道にやっていきたい」と述べた。

千賀ノ浦親方は当面、治療に専念させて名古屋場所後の夏巡業は可能なら途中参加させる意向を示した。「無理をしてもしょうがない。全身全霊の相撲を取れば来場所はそれなりの成績が残せると思う」と話した。

貴景勝は新大関だった夏場所で負傷し、途中休場後に一度は再出場したが、大関以上では極めて珍しく再休場した。6月中旬に稽古を再開した後もペースが上がらず、今場所に向けた動向が不安視されていた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン