スポーツ > 相撲 > 記事

相撲

大関・朝乃山、幕下と15番「感覚戻ってきた」 部屋の稽古で

2020/10/22 20:18
保存
共有
印刷
その他

大相撲の大関朝乃山は22日、東京都墨田区の高砂部屋で稽古し、報道陣の電話取材に応じた。幕下力士と15番ほど取ったといい「感覚は戻ってきた。26日には番付発表なので、気持ちも高めていく」と言葉に力を込めた。

相撲教習所で行われた合同稽古に参加せず、部屋で調整を続けてきた。正代と貴景勝の両大関は出席して胸を合わせたが「自分は部屋でやると決めた。できることをしっかり考えてやってきたつもり」と前向きだった。

11月場所(11月8日初日・両国国技館)は観客の上限を約5千人まで増やして実施される。「コロナ対策をして足を運んでくださる人に恥じない相撲を取るのは力士の役目」と気を引き締めた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

大相撲のコラム

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

大相撲11月場所で2度目の優勝を果たした大関貴景勝が1日、初めて綱とりに挑む初場所(来年1月10日初日・両国国技館)に向け、東京都台東区の常盤山部屋で本格始動した。報道陣の電話取材に応じ「一生懸命頑張 …続き (12/1)

大相撲11月場所をともに途中休場した正代、朝乃山の両大関が30日、報道陣の電話取材に応じ、初めてかど番で迎える初場所(来年1月10日初日・両国国技館)への意欲を語った。
新大関場所で左足首を負傷した正代 …続き (11/30)

日本相撲協会の諮問機関、横綱審議委員会(横審)に「注意」を決議された横綱鶴竜の師匠、陸奥親方(元大関霧島)は26日、部屋の稽古が再開する来週に鶴竜と今後の稽古方針などについて話し合う意向を明かした。「 …続き (11/26)

ハイライト・スポーツ

[PR]