2017年11月24日(金)

プロ野球

正力賞にソフトバンク・サファテ 外国人選手では初受賞

2017/11/10 0:10
保存
共有
印刷
その他

 今年のプロ野球の発展に最も貢献した監督、選手に贈られる「正力松太郎賞」の選考委員会が9日、東京都内で行われ、ソフトバンクの2年ぶりの日本一に貢献したデニス・サファテ投手が満場一致で選ばれた。抑え投手としては1998年の横浜(現DeNA)の佐々木主浩投手以来、2人目。2005年にロッテのバレンタイン監督が選出されているが、外国人選手の受賞は初めて。

 サファテは球団を通じ「日本の野球の歴史に自分の名前が残り、とても光栄です。日々の努力が実り、歴代の受賞者の皆さんの仲間に入れたことに感激しています」とコメントした。ソフトバンクの守護神としてシーズン54セーブのプロ野球新記録を樹立。日本シリーズでは日本一を決めた第6戦で九回から3イニングを無失点と力投するなど、1勝2セーブをマークして最高殊勲選手(MVP)に選ばれた。

 選考委員会の座長を務めた王貞治委員は「記録も作ったし、日本シリーズでのインパクトの強さもある。5年後、10年後に今季を振り返っても、頭に浮かぶのは彼の力投ではないか」と説明した。選考委員は王氏のほか、杉下茂、中西太、山本浩二(以上野球評論家)、門田隆将(ノンフィクション作家)の4氏。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球コラム

17年ドラフト会議

プロ野球 一覧

記念写真に納まる巨人の新入団選手ら。(左から)湯浅大内野手、若林晃弘内野手、北村拓己内野手、岸田行倫捕手、高橋監督、鍬原拓也投手、大城卓三捕手、田中俊太内野手、村上海斗外野手(23日、東京ドーム)=共同

 巨人は23日、東京ドームで入団記者会見を行い、ドラフト1位で指名された鍬原拓也投手は「一日でも早くチームの戦力になれるように頑張りたい」と意気込みを語った。育成を含む新入団選手は次の通り。
 【ドラフ …続き (23日 21:41)

新千歳空港に到着した、日本ハムに入団が決まった早実高の清宮幸太郎内野手(23日、新千歳空港)=共同

 日本ハムからドラフト1位で指名され、入団が決まった東京・早実高の清宮幸太郎内野手が23日、本拠地の札幌市に入った。中学2年時以来という北海道について「まさかこうして来るとは思っていなかった。雪が残っ …続き (23日 18:06)

広島への入団が決まり、背番号「22」のポーズをとる広陵高の中村奨成捕手(22日、広島市)=共同

 広島がドラフト1位指名した広島・広陵高の中村奨成捕手(18)=181センチ、76キロ、右投げ右打ち=の入団が22日、決まった。広島市内で交渉し、契約金1億円プラス出来高払い、年俸800万円で合意。地 …続き (22日 19:07)

ハイライト・スポーツ

[PR]