2019年8月24日(土)

プロ野球

正力賞にソフトバンク・サファテ 外国人選手では初受賞

2017/11/10 0:10
保存
共有
印刷
その他

今年のプロ野球の発展に最も貢献した監督、選手に贈られる「正力松太郎賞」の選考委員会が9日、東京都内で行われ、ソフトバンクの2年ぶりの日本一に貢献したデニス・サファテ投手が満場一致で選ばれた。抑え投手としては1998年の横浜(現DeNA)の佐々木主浩投手以来、2人目。2005年にロッテのバレンタイン監督が選出されているが、外国人選手の受賞は初めて。

サファテは球団を通じ「日本の野球の歴史に自分の名前が残り、とても光栄です。日々の努力が実り、歴代の受賞者の皆さんの仲間に入れたことに感激しています」とコメントした。ソフトバンクの守護神としてシーズン54セーブのプロ野球新記録を樹立。日本シリーズでは日本一を決めた第6戦で九回から3イニングを無失点と力投するなど、1勝2セーブをマークして最高殊勲選手(MVP)に選ばれた。

選考委員会の座長を務めた王貞治委員は「記録も作ったし、日本シリーズでのインパクトの強さもある。5年後、10年後に今季を振り返っても、頭に浮かぶのは彼の力投ではないか」と説明した。選考委員は王氏のほか、杉下茂、中西太、山本浩二(以上野球評論家)、門田隆将(ノンフィクション作家)の4氏。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

 8回1失点で4勝目を挙げたDeNA・東=共同

 回を追うごとにテンポの良い投球がさえわたった。効果的な2発で序盤に5点のリードをもらうと、DeNA東は気迫十分に腕を振り続けた。「個人的にもチームにとっても重要な一戦」と臨んだマウンドで8回1失点。 …続き (23日 23:17)

6回中日2死、福田が中越えに本塁打を放つ(23日、ナゴヤドーム)=共同

【ロッテ3―0ソフトバンク】ロッテが6年ぶりにソフトバンク戦の勝ち越しを決め、4位に浮上。二回にレアードの犠飛で先制、八回は井上の2ランで加点した。4投手の継投で零封し7回を3安打に抑えたボルシンガー …続き (23日 22:30更新)

七回、ソフトバンクの柳田が左越えに本塁打を放つ=共同

 序盤はおとなしかったソフトバンク打線が牙をむいたのは五回だった。2死から連続四球で一、二塁。打席に向かった内川は直前の柳田が3ボールになった時点で集中力をみなぎらせていた。「腹をくくった。このチャン …続き (22日 23:49)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。