/

空手の団体形、男女とも決勝へ 世界選手権

男子団体形準決勝 演武する(左から)喜友名、金城、上村(8日、マドリード)=共同

【マドリード=共同】空手の世界選手権第3日は8日、マドリードで団体が行われ、日本はともに2連覇を目指す男女の形で11日の決勝に進んだ。喜友名諒、金城新、上村拓也の劉衛流龍鳳会の3人で臨んだ男子は初戦の2回戦から全3試合で5-0と圧勝。平紗枝、武儀山舞、石橋咲織の帝京大の3人で臨んだ女子は準決勝でトルコに4-1で勝った。

組手の女子1回戦は川村菜摘(警視庁)斉藤綾夏(近大)植草歩(JAL)で臨んだ日本がトルコに勝ち、9日の2回戦に進出した。

団体は2020年東京五輪では実施されない。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン