/

日本女子4勝目、ドミニカ共和国に3-2 バレーW杯

リオデジャネイロ五輪出場権を懸けたバレーボールのワールドカップ(W杯)女子大会第5日は27日、東京・国立代々木競技場などで行われ、日本はドミニカ共和国を3-2で破り、4勝1敗の勝ち点12としたが、2位から3位に後退した。

日本は1-1の第3セットを30-32で落とした後に粘りを見せ、第4セットは25-15と圧倒。第5セットも長岡(久光製薬)らのアタックで15-13で制した。

ロシアはキューバを下し、5連勝の勝ち点14で首位を堅持。米国はアルジェリアに快勝し、4勝1敗の同13で2位に上がった。中国とセルビアも4勝目を挙げた。

28、29日は休養日で、日本は30日に仙台市でペルーと対戦する。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン