/

カーリング日本選手権、横浜開催断念へ 代替に稚内有力

日本カーリング協会が来年2月のカーリング日本選手権の横浜市(コーセー新横浜スケートセンター)での開催を断念する方向で検討していることが24日、関係者の話で分かった。代替開催地は北海道稚内市が有力。25日にも正式発表される。

新型コロナウイルスの感染防止対策で、大規模な大会の運営に懸念が出ていた。日本選手権は首都圏では初開催で、2022年北京冬季五輪代表が懸かることから多くの集客を見込んでいた。代替地での開催は無観客となる見通し。

カーリングは18年平昌冬季五輪女子でロコ・ソラーレが銅メダルを獲得し、人気が上昇。日本選手権は近年、北海道、長野などの専用施設で実施されてきたが、首都圏開催で一層の普及を図る狙いがあった。五輪など国際大会と同じアリーナ型会場での開催で、実戦経験を積むことも期待されていた。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン