プロ野球

広島とソフトバンク、ともにM1 最短16日に同日優勝も

2017/9/14 22:30
共有
保存
印刷
その他

 プロ野球は14日、セ・リーグの広島とパ・リーグのソフトバンクがともに優勝へのマジックナンバーを「1」とした。15日は試合がなく、いずれも最短決定は16日で、両リーグ同日優勝となれば1958年の巨人と西鉄(現西武)以来で59年ぶり。

 優勝マジックを2としていた広島は5―4でDeNAに勝ったが、2位阪神が巨人と引き分けたため、優勝は持ち越しとなった。ソフトバンクは7―4でオリックスに勝ち、3位楽天が1―2で西武に敗れたため、マジックが二つ減った。〔共同〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

関連キーワードで検索

広島福岡ソフトバンクホークス

プロ野球コラム

プロ野球 一覧

 ロッテが次期監督として、日米通算2252安打を記録し今季限りで現役を引退する井口資仁内野手(42)に就任を要請したことが関係者の話で23日、分かった。井口はさいたま市内の2軍施設で取材に応じ「光栄。 …続き (19:00)

1回DeNA1死二塁、筒香が左翼線に先制二塁打を放つ(23日、ナゴヤドーム)=共同

 DeNAが17安打13得点で大勝した。一回、筒香の先制打を皮切りに7長短打を集めて大量8点を先取。その後も着実に点を重ねた。石田は6回無安打無失点で8月4日以来の5勝目。中日は一回途中降板の伊藤が誤 …続き (18:12)

7回2失点で15勝目を挙げた広島・薮田(23日、マツダ)=共同

 広島の薮田が7回2失点で15勝目を挙げた。8安打3四球と苦しみながらも粘り強い投球だった。打線は追い付かれた直後の四回、松山の適時打とバティスタの犠飛で2点を勝ち越した。巨人は4併殺打で好機を逃し、 …続き (16:36)

ハイライト・スポーツ

[PR]