/

北京冬季五輪、氷上競技のテスト大会始まる コロナ対策徹底

【北京=共同】来年2月に開催される北京冬季五輪の氷上競技のテスト大会が1日始まった。本番と同じ会場を使用し、初日は無観客でカーリングの試合やアイスホッケーの練習を実施。マスク着用など新型コロナウイルス対策を徹底させた。中国代表やアマチュア、大学生の選手らを集め、5会場で五輪とパラリンピックの競技を10日間行う。

カーリング会場では選手の誘導や場内アナウンス、スコアボードの表示などを本番さながらに試行した。競技中の選手以外はマスク着用を義務付け、選手は宿泊施設と会場以外は原則として外出禁止とした。北京市代表チームの監督は「コロナで多くの大会が中止になったが、こんな良い環境で試合できてうれしい」と話した。

中国はアイスホッケーの国際大会を開いた経験が少ない。今回は貴重な機会となるだけに会場担当者は「外国の専門家も招いて整氷の技術を高めている」と説明した。

取材エリアでは選手と記者の間に透明な板を設置したり、約2メートルの間隔を取ったりして感染防止を図った。記者には事前にPCR検査の陰性証明が求められた。

中国は新型コロナ対策で厳しい入国制限を続けている。この冬、外国選手が参加できるテスト大会は軒並み中止された。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン