/

決勝はセリーナとケルバー ウィンブルドン女子単

女子シングルス準決勝 プレーするセリーナ・ウィリアムズ(12日、ウィンブルドン)=共同

【ウィンブルドン=共同】テニスのウィンブルドン選手権第10日は12日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、女子シングルス準決勝は8度目の優勝を目指す第25シードのセリーナ・ウィリアムズ(米国)と元世界ランキング1位で第11シードのアンゲリク・ケルバー(ドイツ)が勝ち、14日の決勝で対戦することになった。

S・ウィリアムズは第13シードのユリア・ゲルゲス(ドイツ)を6-2、6-4で退けた。決勝でマーガレット・コート(オーストラリア)が持つ四大大会歴代最多の24度制覇に挑む。

ケルバーは昨年の全仏オープン女王で第12シードのエレナ・オスタペンコ(ラトビア)を6-3、6-3で下し、準優勝だった2016年大会以来2年ぶりに決勝に進出した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン