その他スポーツ

中大が30季ぶりV 東都大学野球

2019/10/17 21:19
保存
共有
印刷
その他

東都大学野球リーグ第6週第2日は17日、神宮球場で2回戦3試合が行われ、中大が2004年秋以来となる30季ぶり25度目の優勝を決めた。

中大は7-6で立正大に逆転勝ちで連勝し、8勝1敗で勝ち点4とした。勝ち点2の2位で追っていた国学院大が東洋大に3-8で敗れ、残り試合に全勝して勝ち点で並んでも勝率で上回れなくなった。中大は明治神宮大会(11月15日開幕)に出場する。

中大は八回に4長短打などで6点を奪い、逆転した。亜大は五回に虎谷のランニング本塁打などで5点を挙げ、駒大に6-3で雪辱した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

 アーチェリーの東京五輪代表1次選考会は13日、本番会場となる東京都江東区の夢の島公園アーチェリー場で行われ、男子の1984年ロサンゼルス五輪銅、2004年アテネ五輪銀メダリストで57歳の山本博(日体 …続き (18:37)

 カーリングのワールドツアー、軽井沢国際選手権(12月19~22日・軽井沢アイスパーク)の記者会見が13日、長野県軽井沢町で行われ、女子で9日に閉幕したパシフィック・アジア選手権で準優勝した中部電力の …続き (18:37)

女子走り幅跳び(義足)で3位の兎沢朋美。東京パラリンピック代表に内定した(12日、ドバイ)=共同

 【ドバイ=共同】パラ陸上の世界選手権第6日は12日、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイで行われ、女子走り幅跳び(義足T63)で20歳の兎沢朋美(日体大)が4メートル33で銅メダルを獲得し、4メートル …続き (9:12)

ハイライト・スポーツ

[PR]