/

ヤクルト高津監督「順位上げる」 21年の巻き返し誓う

ヤクルトの高津臣吾監督が26日、東京都港区のヤクルト本社で根岸孝成オーナーにシーズン終了を報告した。就任1年目は投手陣を立て直せず2年連続最下位に終わり「順位を上げることが全てだと思う」と巻き返しを誓った。

根岸孝成オーナー(左)にシーズン終了を報告したヤクルトの高津監督(26日、東京都港区のヤクルト本社)=同球団提供・共同

20歳の村上宗隆内野手が最高出塁率のタイトルを獲得し、ドラフト1位ルーキー奥川恭伸投手が最終戦でデビューするなど前向きな話題もあった。根岸オーナーからは「若手も積極的に起用して来季に生きる戦いだった。若い選手がどんどんチームの中心選手になっていかないと」と言葉をかけられたそうで、高津監督は「ベテランと若手がいいバランスになってきたので、一丸となり来季を戦っていきたい」と気持ちを新たにした。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン