プロ野球

巨人、阪神と分ける 九回に長野の適時打で追い付く

2017/9/14 22:19
共有
保存
印刷
その他

9回巨人2死一、二塁、長野が左前に同点打を放つ(14日、甲子園)=共同

9回巨人2死一、二塁、長野が左前に同点打を放つ(14日、甲子園)=共同

 巨人が引き分けに持ち込み、6年連続の阪神戦の勝ち越しを決めた。0―2の八回に陽岱鋼の適時打で1点を返し、九回に長野の適時打で追い付いた。阪神は一回に大山の2点適時打で先行しながら、救援陣がリードを守れなかった。〔共同〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球コラム

プロ野球 一覧

野村は「チームが勝てばいい。自分に白星がつくかどうかは関係ない」という=共同

 1979、80年と連覇を果たした広島の先発陣の軸は池谷、北別府、山根、福士といったところだった。抑えに江夏が控え、投手の分業制が定着していたとはいえ80年は山根が14完投をマークするなど、まだまだ先 …続き (1:24)

 「今季はもうずっと抑えでいくぞ」。DeNAのアレックス・ラミレス監督が、山崎康晃にそんな言葉をかけたのは7月30日の巨人戦、8月2日の中日戦と、連続して抑えに失敗した直後だったという。
 山崎康として …続き (1:13)

 立ち上がりから最後の110球目まで甘い球がほとんどない。もちろん無四球。菅野は今季4度目の完封勝利を「納得してはいけないけれど」との前振りをつけながらも、「完璧に近い投球」と振り返った。
 前回登板で …続き (1:07)

ハイライト・スポーツ

[PR]