/

藤原はロッテが交渉権、大阪桐蔭から4人指名 ドラフト

プロ野球のドラフト会議が25日、東京都内で開かれ、内外野を守れる強打者で投手としても甲子園大会で大阪桐蔭高の春夏連覇に貢献した根尾昂内野手は中日、日本ハム、巨人、ヤクルトの4球団が1位指名で競合し、抽選の末に中日が交渉権を獲得した。

兵庫・報徳学園高の小園海斗内野手もオリックス、DeNA、ソフトバンク、広島の4球団競合となり、交渉権は広島に。根尾のチームメートで今夏の甲子園大会で3本塁打を放った藤原恭大外野手は楽天、阪神、ロッテの3球団が争い、ロッテが交渉権を得た。

秋田・金足農高の吉田輝星投手は日本ハムが外れ1位で指名し、日体大の松本航投手は西武が単独指名して交渉権を手にした。立命大の辰己涼介外野手は外れ1位で4球団が重複して楽天が、東洋大の上茶谷大河投手は2球団が外れ1位指名し、DeNAが交渉権を獲得。1位指名では、オリックスが奈良・天理高の太田椋内野手、阪神は大阪ガスの近本光司外野手、巨人は八戸学院大の高橋優貴投手、ソフトバンクは東洋大の甲斐野央投手、ヤクルトは国学院大の清水昇投手の交渉権を得た。

11球団の最初の1位指名が高校生3人に集まった。大阪桐蔭高からは根尾、藤原の他に横川凱投手が巨人の4位、柿木蓮投手が日本ハムの5位で指名されて計4人となり、東洋大も上茶谷と甲斐野の他に梅津晃大投手が中日の2位、中川圭太内野手がオリックスの7位で計4人が指名された。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン