/

春場所は大阪開催の方針 21年3月、実施なら1年ぶり地方

日本相撲協会は29日、東京都墨田区の両国国技館で臨時理事会を開き、来年3月の春場所を予定通り大阪市のエディオンアリーナ大阪で開催する方針を確認した。新型コロナウイルス対策のため今年7月の名古屋場所と11月の九州場所の会場は国技館に変更しており、実施されれば1年ぶりの地方での本場所になる。

芝田山広報部長(元横綱大乃国)によると、協会担当者や感染症の専門家が大阪を視察。各部屋の宿舎での対策や観客の上限などの詳細を今後協議していく。同部長は「今の感染症対策だけでは難しい。感染症が(今後)どんなふうに動くか分からない。そこがちょっと不安。どちらにしても準備をしていかないと間に合わない」と話した。

理事会出席者によると、通常は初日の約2週間前に現地入りする滞在日程を短縮する案も出たという。別の理事会メンバーは、千人規模での移動などのリスクを踏まえ「非常に流動的だ。最終的には専門家がどう判断するか。まだ、分からない」と、今後の状況次第では国技館開催に変わる可能性もあると指摘した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン