/

西武・内海は1875万円減 減額制限いっぱいで更改

西武の内海哲也投手が10日、埼玉県所沢市の球団事務所で契約更改交渉に臨み、野球協約の減額制限(1億円以下は25%)いっぱいの1875万円減の年俸5625万円でサインした。今季は巨人から移籍して2年目で初勝利を挙げたが、4試合の登板にとどまり「契約していただけるだけでありがたい」と感謝を口にした。

昨季は左前腕を痛めて登板なし。2年ぶりに1軍で登板し「来年、もう一度、勝負できるという気持ちになっている」と言う。体に不安はなく「元気でオフに入ってしっかり練習できるので楽しみ」と意欲的だった。

来年4月で39歳になる。「この年齢になると、毎年毎年が勝負の年になる。優勝の立役者になれるように一試合でも多く投げたい」と表情を引き締めた。(金額は推定)〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン