/

相撲協会が暴力決別宣言 再発防止へ委員会設置

日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)は25日、第三者機関の暴力問題再発防止検討委員会による19日の最終報告を受けて東京都内で記者会見し、「いかなる暴力も許さない」などの文言からなる暴力決別宣言をした。再発防止策として親方、力士への研修会の強化や、コンプライアンス(法令順守)委員会の設置などを掲げ、来年2月までの実行を目指す。

再発防止委の報告で角界に暴力が残存していると指摘された。7項目からなる決別宣言では、師匠らが率先して意識改革に取り組むよう求めた。暴力禁止規定を定めて事案が起きた際の報告義務や処分を明確にし、迅速な情報開示も約束。異なる部屋の力士同士による指導関係の構築を許容しないとも明記した。

再発防止策は6項目で、コンプライアンス委員会に外部有識者を入れて暴力の事実調査や処分を検討することや、新弟子や関取など地位別に分けての研修の実施を表明。関取には付け人を遅くまで酒席に連れ回さないよう要請した。外国人力士への指導強化や部屋を超えた上下関係への対応は、新たな有識者会議を年内に発足させるとした。

再発防止委は昨年10月の元横綱日馬富士による貴ノ岩関への傷害事件などを受けて設置された。この件について、横綱白鵬関が「あえて『愛のむち』と呼びたい」と言及したとされることについて、尾車事業部長(元大関琴風)は「暴力は絶対にいけないということを、横綱であろうと認識してもらう」と語った。

師匠の資格の厳格化などを盛り込んだ再発防止委による提言については、25日の評議員会でも報告があった。海老沢勝二議長(元NHK会長)は「伝統を守ることと、時代の変化に対応すること。何よりも各力士、各親方がしっかりした意識を持てばいい」と話した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン