/

萩野が銀、瀬戸は銅 パンパシ水泳の男子400個人メドレー

男子400メートル個人メドレー決勝 2位に入った萩野公介の自由形(9日、東京辰巳国際水泳場)=共同

水泳のパンパシフィック選手権は9日、東京辰巳国際水泳場で開幕し、競泳女子200メートル自由形で18歳の池江璃花子(ルネサンス)が1分54秒85の日本新記録をマークして2位に入り、主要国際大会で初めてのメダルを獲得した。

男子100メートル平泳ぎは、6月に58秒78の日本記録をマークした小関也朱篤(ミキハウス)が59秒08で優勝。女子400メートル個人メドレーは大橋悠依(イトマン東進)が4分33秒77で金メダルを取った。

混合400メートルメドレーリレーの日本(入江、小関、池江、青木智)は3分40秒98の日本新で銀メダルを獲得した。

男子400メートル個人メドレーはリオデジャネイロ五輪銀メダルのチェース・ケイリシュ(米国)が4分7秒95で快勝し、萩野公介(ブリヂストン)は4分11秒13の2位、瀬戸大也(ANA)は3位だった。

男子200メートル自由形の松元克央(セントラルスポーツ)は1分45秒92、女子100メートル平泳ぎの青木玲緒樹(ミキハウス)は1分6秒34でともに3位だった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン