/

サッカー日本、勝てばW杯最終予選へ ミャンマー戦28日

サッカー日本代表は28日午後7時20分から、千葉・フクダ電子アリーナで行われるワールドカップ(W杯)アジア2次予選でミャンマー代表と対戦する。勝ち点15のF組首位で、勝てば9月開始の最終予選進出が決まる。ミャンマーは勝ち点6で同組4位。27日は両チームが千葉市内で最終調整した。

記者会見に出席した森保監督は「隙なく、油断なく、相手に合わせることなく、自分たちができることを全力で出せるよう準備したい」と語った。右膝痛の冨安(ボローニャ)は欠場の見通し。堂安(ビーレフェルト)は左膝痛で練習に参加しなかった。

国際サッカー連盟(FIFA)ランキングは日本が28位、ミャンマーは139位。今予選の敵地での一戦は2-0で勝った。

試合は厳格な新型コロナウイルス対策を講じて行われ、毎日のPCR検査や、チームと外部の接触を絶つ「バブル」方式を採用している。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン