サッカー

韓国ドロー、西野監督のタイ敗れる W杯アジア予選

2019/11/15 0:47
保存
共有
印刷
その他

サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選は14日、各地で行われ、H組は韓国がレバノンと0-0で引き分け、2勝2分けの勝ち点8とした。レバノンは同7。トルクメニスタンは北朝鮮を3-1で破り、勝ち点6とした。北朝鮮は同7。

G組で西野朗監督が率いるタイはマレーシアに1-2で敗れ、勝ち点7のまま。A組はフィリピンがモルディブを2-1で下して勝ち点7に伸ばし、モルディブは同3。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

サッカーのコラム

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

15年ぶりの優勝を果たし、シャーレを掲げ喜ぶ横浜M・喜田(7日、日産スタジアム)=共同

 春先から先頭集団に身を置きながら、初めて首位に立ったのは前々節だった。FC東京や鹿島を風よけのようにしてレースを運んだ横浜Mが、鮮やかなラストスパートでテープを切った。

【関連記事】横浜M、15年ぶり …続き (7日 22:27)

 サッカーの日本フットボールリーグ(JFL)に所属する奈良クラブは7日、JリーグのJ3への昇格基準を満たすため、2015年度から継続的にホームゲームでの入場者数を水増ししていたと発表した。
 J3昇格に …続き (7日 21:57)

サッカーJ1で優勝した横浜Mの監督、アンジェ・ポステコグルーさん=共同

 Jリーグは7日、J1の11、12月の月間表彰を発表し、最優秀監督には横浜Mを15年ぶりの優勝に導いたポステコグルー監督を選出した。MVPは5試合で5得点したG大阪の宇佐美、ベストゴールは清水のドウグ …続き (7日 21:09)

ハイライト・スポーツ

[PR]