/

高校バレー、連覇狙う東九州龍谷が4強入り 東福岡なども

バレーボールの全日本高校選手権第3日は7日、東京体育館で3回戦と準々決勝が行われ、男子は5大会ぶりの優勝を狙う東福岡が準々決勝で高松工芸(香川)に2-1で競り勝った。清風(大阪)市尼崎(兵庫)駿台学園(東京)も準決勝に勝ち上がった。

東九州龍谷―東京都市大塩尻 第2セット、スパイクを放つ東九州龍谷・折立=右端(7日、東京体育館)=共同

女子準々決勝では2連覇が懸かる東九州龍谷(大分)が東京都市大塩尻(長野)に、古川学園(宮城)が鎮西(熊本)にともにストレート勝ち。就実(岡山)と大阪国際滝井もベスト4入りした

前回男子優勝の東山(京都)は、選手1人が発熱したことにより3回戦を欠場して不戦敗。その後、新型コロナウイルス感染が発表された。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン