/

プロ野球MVPに菅野・柳田 新人王は森下・平良

今季のプロ野球のタイトル獲得者らを表彰するNPBアワーズが17日、東京都内で開かれ、最優秀選手(MVP)はセ・リーグから巨人の菅野智之投手、パ・リーグからソフトバンクの柳田悠岐外野手がともに2度目の受賞を果たした。最優秀新人(新人王)にはセから広島の森下暢仁投手、パから西武の平良海馬投手が選ばれた。

MVPを受賞し、ポーズをとるソフトバンク・柳田(左)と巨人・菅野(17日、東京都内のホテル)=代表撮影・共同

菅野はプロ野球記録となる開幕投手からの13連勝をマークするなど、14勝2敗、防御率1.97で3度目の最多勝に輝き、6年ぶりに選出された。柳田は打率3割4分2厘、29本塁打、86打点で3年ぶりのリーグ優勝と4年連続日本一に貢献し、2015年以来の受賞となった。

森下は10勝3敗でリーグ2位の防御率1.91、同3位の124三振を奪った。3年目の平良は最速160キロの速球を武器にリーグ最多タイの54試合に登板し、同2位の33ホールドを挙げた。

選考はプロ野球担当記者らによる投票で行われ、有効投票総数はセが313票、パが277票。MVP投票では菅野が261票、柳田が194票の1位票を集めた。新人王は森下が303票、平良が144票だった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン